恥ずかしくて聞けない!包茎の治療方法と必要性

包茎の治療はした方が良い?

包茎にコンプレックスを感じている方は少なくないですよね?デリケートな部分の問題といった点から恥ずかしくて周りの方に相談する事が出来ないといった方もいます。また、日常生活では、特に不便を感じない事から治療する必要性を感じない事から放置している方も多いと思います。しかし、包茎のまま性行為を行うと性病に感染する可能性が高くなっている事や普段包皮に包まれている事で刺激に弱く早漏の原因となってしまう等、様々なデメリットがある事から治療する事が推奨されています。

自宅での包茎は治療出来る?

インターネットや雑誌等の様々なメディアで包茎治療の広告を見た事がある方は多いですよね。誰にも知られる事なく自宅で治療を行えるといった気軽さは大きなメリットです。一方で、慣れない器具を使用する際に怪我をしてしまう等のトラブルも多くなっています。また、包茎の症状を緩和させる事で出来る商品は多くありますが、完治させる事が出来る場合はほとんどないといった特徴も挙げられます。安全に完治させたい場合には、病院を利用する事が必須となります。

病院での包茎治療って?

現在、病院で行われている治療方法として主流となっているのが、余っている包皮を切除する方法です。手術跡が残るかもと不安に感じている事から手術を躊躇している方はいませんか?しかし、縫合部が亀頭の下側の目立たない箇所となっていたりと自然な仕上がりにする事が出来るんですよ。手術後は一定期間ダウンタイムがあり行動が制限される事もありますが、全ての治療が完了した際には、包茎だった事や治療を受けた事を周りにバレる事がないんですよ。

包茎の中でも勃起時に包皮がめくれる仮性状態であれば手術をする必要は無く、入浴時に洗っておけば衛生面は問題ありません。